• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
  • 2001年度業績 へ行く。

#freeze
*2001 [#k6cc421b]
[[業績に戻る>業績]]

~K.Nadaoka, Y.Nihei, K.Wakaki, R.Kumano. S.Kakuma. S.Moromizato, K.Iwao, K.Shimoike, H.Taniguchi. Y.Nakano and T.Ikema : Regional variation of water temperature around Okinawa coasts and its relationship to offshore thermal environments and coral bleaching ; Coral Reefs, Vol.20, No.4, pp.373-384, 2001 
~K.Nadaoka, Y.Nihei, R.Kumano, T.Yokobori, T.Omija and K.Wakaki : A field observation on hydrodynamic and thermal environments of a fringing reef at Ishigaki Island under typhoon and normal atmospheric conditions ; Coral Reefs, Vol.20, No.4, pp.387-398, 2001 
~Y. Nihei, K.Nadaoka, R.Kumano, K.Sato and Y.Machida : A new multi-nesting approach for coastal ocean model ; Proceedings of 11th PAMS/JECSS, pp.365-368, 2001 
~E.C.Paringit and K.Nadaoka : Development of a canopy reflectance model for coral reef areas: Inferences from field spectral measurements and modeling efforts ; In Proceedings, 22nd Asian Conference on Remote Sensing, Singapore, pp.116-121, 2001 
~K.Nadaoka and Y.Nihei : Development and applications of a grid-averaged Lagrangian LES model for multiphase turbulence flow models ; Proc. 8th Int. Sympo. on Flow Modeling and Turbulence Measurements (FMTM2001), 2001 
~H.Tamura and K.Nadaoka : Analysis of turbulence and sediment transport in the large-scale shallow waters based on the development of new quasi 3-D models ; Proc. 8th Int. Sympo. on Flow Modeling and Turbulence Measurements (FMTM2001), 2001 
~K.Nadaoka and H.Tamura: Development of quasi-3D shallow water turbulence model and its application to simulate large-scale 3D eddies ; Proc. on Asian and Pacific Coastal Engineering 2001, Vol.1, No.1, pp.60-69, 2001 
~灘岡和夫:サンゴ礁海域の環境水理;ながれ,第20巻,第5号,pp.375〜383,2001 
~日向博文,灘岡和夫,八木 宏,田淵広嗣,吉岡 健:黒潮流路変動に伴う高温沿岸水波及時における成層期東京湾内の流動構造と熱・物質輸送特性;土木学会論文集,No.684/-56,pp.93〜111,2001 
~二瓶泰雄,灘岡和夫:「GALモデルに基づく移動境界流れ解析法の構築とその応用」への討議・回答;土木学会論文集,No.677/-55,pp.221〜222,2001 
~灘岡和夫, 二瓶泰雄, 花田 岳, 藤井智史, 佐藤健治, 池間健晴, 鹿熊信一郎, 岩尾研二,若木研水:HFレーダ・漂流ブイ観測と数値シミュレーションによるサンゴ幼生の広域輸送解析;海岸工学論文集,第48巻,No.1,pp.431〜435,2001 
~田村 仁,灘岡和夫:準三次元非平衡浮遊砂輸送モデルの開発に基づく港口部での底質浮遊と輸送に関する解析;海岸工学論文集,第48巻,No.1,pp.526〜530,2001 
~Enrico Paringit,灘岡和夫: 衛星画像解析による植生指標と分布型物理モデルに基づいた表層土壌流出モデリング:海岸工学論文集,第48巻,No.1,pp.666〜670,2001 
~二瓶泰雄,灘岡和夫,綱島康雄,丸田直美,青木康哲,若木研水:サンゴ礁海域の温熱環境特性に関する多面的観測と解析;海岸工学論文集,第48巻,No.2,pp.1146〜1150,2001 
~灘岡和夫,若木研水,二瓶泰雄,今井陽介,青木康哲,丸田直美,大見謝辰男,満本裕彰,小林 孝,藤井智史:現地観測に基づく石垣島サンゴ礁海域の流動特性と微細土砂・熱輸送特性に関する解析;海岸工学論文集,第48巻,No.2,pp. 1151〜1155,2001 
~島谷 学,中瀬浩太,中山哲厳,太田雅隆,月舘真理雄,星野高士,内山雄介,灘岡和夫:人工リーフ設置による外力場の変化とアマモ分布条件との関係について;海岸工学論文集,第48巻,No.2,pp. 1156〜1160,2001 
~中山哲厳,槙本一徳,灘岡和夫,内山雄介,中瀬浩太,島谷 学,星野高士,月舘真理雄: 
~興津湾における広域海藻分布と水理環境に関する現地調査;海岸工学論文集,第48巻,No.2,pp. 1161〜1165,2001 
~二瓶泰雄,灘岡和夫,青木康哲,若木研水,矢井秀明,大見謝辰男,古川恵太,佐藤慶太:マングローブ水域における流動・熱・水質環境特性に関する現地観測;海岸工学論文集,第48巻,No.2,pp.1211〜1215,2001 
~上野成三,高山百合子,灘岡和夫,勝井秀博:アコヤガイ代謝モデルと低次生態系モデルを統合した英虞湾の海域環境シミュレーション;海岸工学論文集,第48巻,No.2,pp.1241〜1245,2001 
~灘岡和夫,若木研水,鹿熊信一郎,二瓶泰雄,諸見里 聡,大見謝辰男,岩尾研二,下池和幸,谷口洋基,中野義勝,池間健晴:広域水温モニタリングネットワーク展開による沖縄サンゴ礁水温環境地域差の解析;海岸工学論文集,第48巻,No.2,pp.1276〜1280,2001 
~佐藤慶太,二瓶泰雄,灘岡和夫,熊野良子:新たなネスティング計算法の構築と実海域計算への応用;2001年度日本海洋学会春季大会講演要旨集,p.149,2001 
~青木康哲,二瓶泰雄,矢井秀明,灘岡和夫,若木研水,今井陽介,大見謝辰男,比嘉榮三郎,仲宗根一哉,古川恵太:多点集中観測に基づく吹通川マングローブ域の水環境特性の検討;2001年度日本海洋学会春季大会講演要旨集,p.194,2001 
~町田佳隆,二瓶泰雄,佐藤慶太,西村 司,灘岡和夫:新しいネスティング手法を用いた鳴門海峡における流動シミュレーション;2001年度日本海洋学会春季大会講演要旨集,p.288,2001 
~灘岡和夫,波利井佐紀,Enrico Paringit,田村 仁,若木研水,花田 岳,三井 順,窪田順次,二瓶泰雄,藤井智史,佐藤健治,松岡建志,鹿熊信一郎,池間健晴,岩尾研二:沖縄本島南西海域におけるサンゴ幼生広域輸送に関する総合的観測;2001年度日本海洋学会秋季大会講演要旨集,p.178,2001 
~山裕介,二瓶泰雄,灘岡和夫:沿岸海水流動計算に対する静水圧近似モデルと非静水圧近似モデルの比較;日本流体力学会年会2001講演論文集,pp.327-328,2001 
~佐藤慶太,二瓶泰雄,灘岡和夫,熊野良子:外洋影響を合理的に考慮した新しいネスティング手法の提案;日本流体力学会年会2001講演論文集,pp.329-330,2001 
~八木 宏,身崎成紀,灘岡和夫,中山哲厳,ニ平 章:夏季鹿島灘沿岸域におけるメソスケールの外洋影響について;東工大 土木工学科研究報告, No.63, pp.57〜68,2001 
~下條 武,鹿熊信一郎,諸見里 聡,灘岡和夫,森永健司:2001年夏期の沖縄周辺海域にける高水温;日本サンゴ礁学会第4回大会講演要旨集,p.8,2001 
~灘岡和夫,花田 岳,田村 仁,若木研水,三井 順,波利井佐紀,窪田順次,藤井智史,佐藤健治,松岡建史,二瓶泰雄,鹿熊信一郎,池間健晴:沖縄本島西方海域におけるサンゴ幼生広域輸送についての現地調査―Part1:総論および広域輸送物理;日本サンゴ礁学会第4回大会講演要旨集,p.22,2001 
~波利井佐紀,灘岡和夫,三井 順,田村 仁,窪田順次,若木研水,岩尾研二,二瓶泰雄,鹿熊信一郎:沖縄本島西方海域におけるサンゴ幼生広域輸送についての現地調査―Part2:サンゴ幼生挙動;日本サンゴ礁学会第4回大会講演要旨集,p.23,2001 
~池間健晴,Enrico Paringit,灘岡和夫,波利井佐紀,田村 仁,若木研水,三井順,岩尾研二,鹿熊信一郎:沖縄本島西方海域におけるサンゴ幼生広域輸送についての現地調査―Part3:サンゴ産卵とスリック動態;日本サンゴ礁学会第4回大会講演要旨集,p.33,2001 
~田村 仁,灘岡和夫,若木研水,Mohd Yusnizam,Enrico Paringit,波利井佐紀,三井 順:石垣島吹通川河口前面リーフ海域における藻場キャノピー周辺の物理環境特性に関する観測;日本サンゴ礁学会第4回大会講演要旨集,p.28,2001 
~E.C.Paringit, K.Nadaoka and S.Harii : 3-D optical modeling attempts and measurements of coral reef canopies ; 日本サンゴ礁学会第4回大会講演要旨集,p.30,2001 
~E.C.Paringit and K.Nadaoka : Remote sensing- and GIS-compatible distributed runoff and sediment yield model for Todoroki watershed, Ishigaki Island, Okinawa ; 日本サンゴ礁学会第4回大会講演要旨集,p.32,2001 
~鹿熊信一郎,諸見里 聡,灘岡和夫,大見謝辰男,岩尾研二,森永健司:沖縄島西海域の水温特性;日本サンゴ礁学会第4回大会講演要旨集,p.48,2001 
~若木研水,灘岡和夫,田村 仁,Enrico Paringit,波利井佐紀,三井 順,窪田順次,花田 岳,二瓶泰雄:石垣島白保海域の物理環境に関する総合的観測;日本サンゴ礁学会第4回大会講演要旨集,p.59,2001 
~仲宗根一哉,比嘉栄三郎,大見謝辰男,安村茂樹,灘岡和夫:石垣島白保礁池に流入する轟川のSSと栄養塩濃度;日本サンゴ礁学会第4回大会講演要旨集,p.60,2001 
~灘岡和夫,八木 宏,上野成三:閉鎖性および開放性沿岸域における海水流動と栄養塩・水質動態の観測と解析 ―英虞湾および鹿島灘を例として―;水産海洋学会研究発表大会講演要旨集,PP.74〜75, 2001 
~仲宗根一哉,比嘉栄三郎,大見謝辰男,安村茂樹,灘岡和夫:石垣島轟川のSSと栄養塩濃度;沖縄県衛生環境研究所報,第35号,pp.93-102,2001  
~灘岡和夫,二瓶泰雄,花田 岳,若木研水,藤井智史,佐藤健治,鹿熊信一郎,池間健晴,岩尾研二,久木幸治:サンゴ幼生長距離輸送に関わる広域海洋表層流動に関する観測と数値解析;平成12年度内閣府委託調査研究,サンゴ礁に関する調査研究報告書,(財)亜熱帯総合研究所,pp.86-100,2001