[[写真集 2016]]

2月21日から3月5日までフィリピン・ネグロス島北部、ヴィクトリアスシティのマングローブ林において、現地調査を行いました。

参加メンバー: &br;
【灘岡研】江川、田野倉 &br;
【フィリピン大学】 Alさん、Janさん &br;

''調査内容''&br;
今回の調査では、フィリピンにおけるブルーカーボン貯蔵量の広域マッピングに向けて、ネグロス島北部ヴィクトリアスシティのマングローブ林においてマングローブの高さや太さ、土壌塩分を測定し、能動型リモートセンシン グ(LiDAR)による広域樹高推定結果のための検証データを得ることができました。また、LGU及び地元の方に対して聞き取り調査を行い、調査地域における近年のマングローブの植林状況、周辺海域のサンゴ・海藻の有無、台風の頻度に関する情報を得ることができました。

現地で調査をするにあたって、市役所のAgriculture部門の方を訪ねて調査のための許可をいただきました。
CENTER:&ref(philsurvey1.jpg,nolink,25%);   &ref(philsurvey2.jpg,nolink,25%);&br;

調査地のマングローブ林は想定していたよりも森の密度が高く、多種のマングローブ林が生い茂っていました。
CENTER:&ref(philsurvey4.jpg,nolink,25%);   &ref(philsurvey3.jpg,nolink,25%);&br; 

調査では10mx30mのトランセクトを3つ設置し、トランセクト内にあるマングローブの高さと太さ、そして土壌塩分の測定を行いました。予定していたエリアの9分の8のエリアで観測を終えることができました。
CENTER:&ref(philsurvey5.jpg,nolink,25%);   &ref(philsurvey6.jpg,nolink,25%);&br;
&br;
CENTER:&ref(philsurvey7.jpg,nolink,25%);   &ref(philsurvey8.jpg,nolink,25%);&br;

最終日には調査のお礼と終了報告を兼ねて再度市役所を訪問し、無事に調査を終えました。
CENTER:&ref(philsurvey9.jpg,nolink,35%);&br;
CENTER:&ref(philsurvey9.jpg,nolink,50%);&br;