• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
  • 1992年度業績 へ行く。

#freeze
*1992 [#k6cc421b]
[[業績に戻る>業績]]

~Serdar BEJI, Takumi OHYAMA, Jurjen A. BATTJES and Kazuo NADAOKA: Transformation of Non-breakinng Waves over a Bar; Proc. 23rd Int. Conf. on Coastal Engineering, 1, 51〜61, 1992 
~Takumi OHYAMA and Kazuo NADAOKA: Modeling the Transformation of Non-linear Waves Passing over Submerged Dike; Proc. 23rd Int. Conf. on Coastal Engineering, 1, 526〜539, 1992 
~Takao TOUE, Hidehiro KATSUI and Kazuo NADAOKA: Mechanism of Sediment Transport around a Large Circular Cylinder; Proc. 23rd Int. Conf. on Coastal Engineering, 3, 2467〜2878, 1992 
~灘岡和夫,田村英寿: LANDSAT/TMデータに基づいた沖縄赤土流出問題の解析の試み; 日本リモートセンシング学会誌, 12,[3]3〜19 , 1992 
~大山 巧,灘岡和夫: 潜堤を通過する非線形波列の分裂現象の解析; 土木学会論文集,[452/-20]31〜40 , 1992 
~灘岡和夫,八木 宏,悦道博之: 鉛直分布構造を考慮した海浜流のモデル化に関する研究; 海岸工学論文集, 39,[1]211〜215 , 1992 
~上野成三,灘岡和夫,勝井秀博: NOAA-AVHRRデータを用いた東京湾における風による流動の時系列的解析の試み; 水工学論文集, 36,697〜700 , 1992 
~大山 巧,灘岡和夫: 潜堤による非線形不規則波列の局所スペクトル変形; 海岸工学論文集, 39,[1]121〜125 , 1992 
~上野成三,灘岡和夫,石村明美,勝井秀博: NOAA-AVHRRデータを用いた東京湾の風に起因する湧昇現象の解析; 海岸工学論文集, 39,[1]256〜260 , 1992 
~東江隆夫,伊藤一教,勝井秀博,灘岡和夫: 大型海洋構造物周辺の砂移動と平均流; 海岸工学論文集, 39,[1]496〜500 , 1992 
~灘岡和夫,八木 宏: 浅い水域の水平混合現象に関する数値計算モデルの開発と沿岸流場への応用; 東工大土木工学科研究報告,[45]43〜56 , 1992 
~大山 巧,田中正博,灘岡和夫: 多方向不規則波を対象とした無反射型造波方法について; 土木学会第47回年次学術講演会論文集供 1008〜1009 , 1992 
~灘岡和夫,中川康之: Galerkin法に基づく強分散波動方程式の基本特性に関する検討; 土木学会第47回年次学術講演会論文集供 1024〜1025 , 1992 
~上野成三,灘岡和夫,浜田幸雄,大山能永: 海岸における波の音の音響特性と快適性の評価に関する研究;土木計画学研究・講演集,[15(1)-1]185〜190 , 1992 
~灘岡和夫,八木 宏: 開水路水平せん断流の水平混合過程に関する数値シミュレーション; 東工大土木工学科研究報告,[46]1〜12 , 1992