#author("2017-01-11T17:54:39+09:00","default:admin2016","admin2016")
~&color(black){''2011''};

灘岡和夫:サンゴ礁環境のダイナミクス.日本サンゴ礁学会編 (2011)「サンゴ礁学-未知なる世界への招待-」第2章、pp. 31-48、東海大学出版会(ISBN-13: 978-4486018902)


~&color(black){''2010''};

Takashi Nakamura, Toru Nakamori:A simulation model for coral reef formation: reef topographies and growth patterns responding to relative sea-level histories(2011) In: Linda L. Wright (ed.) "Sea Level Rise, Coastal Engineering, Shorelines and Tides"、 pp.251-261、Nova Science Publishers (New York)(ISBN-13: 978-1-62257-029-4)

~&color(black){''2005''};

灘岡和夫(共著):環境保全・再生のためのモニタリングとシミュレーション.東京工業大学大学院情報理工学研究科創立10周年記念出版編集委員会編(2005)「情報理工学のすすめ」、新・数理/工学ライブラリ[情報工学] 別巻1、,pp. 189-210、数理工学社(ISBN-13:978-4901683302)



~&color(black){''2004''};


灘岡和夫、Enrico C. Paringit、山野博哉:サンゴ礁のリモートセンシング.環境省・日本サンゴ礁学会編(2004)「日本のサンゴ礁」、pp.95-106、自然環境研究センター(ISBN:978-4915959806)

波利井佐紀: サンゴの産卵―幼生保育型サンゴ― .環境省・日本サンゴ礁学会編(2004)「日本のサンゴ礁」、pp.138-139、自然環境研究センター(ISBN:978-4915959806)

~&color(black){''1999''};


灘岡和夫、二瓶泰雄(分担):環境圏の新しい海岸工学;フジテクノシステム,第1編,第8章,第7節,pp.475〜478 (1999) (ISBN: 978-4938555702)

灘岡和夫(分担):環境圏の新しい海岸工学;フジテクノシステム,第2編,第2章 第5節,pp.713〜718 (1999) (ISBN: 978-4938555702)


~&color(black){''1998''};

灘岡和夫(分担):沿岸の環境圏;フジテクノシステム,第2編,第4章 第2節,pp.1394〜1398 (1998) (ISBN: 978-4938555658)