研究対象海域の物質輸送や,流況を把握するのにGPS搭載型漂流ブイを用いた粒子追跡観測は有効です。しかし、従来の漂流ブイは衛星通信を用いるため、高価で測器使用数が限られ、測器自体が重いため、サンゴ礁などの浅海域では使用できないなどの制約があ りました。そこで,本研究室では主に沿岸域の観測に適した漂流ブイを考案し、2001年度から観測に使用しています。

観測結果例:サンゴ幼生広域輸送過程

drifti4[1].jpg
drifti3[1].gif

研究一覧へ戻る