業績に戻る

2006

1. Journal papers and conference papers

Miyazaki, S. and K. Nadaoka (2006): Inverse estimation of multi-substance concentrations in coastal surface waters based on a four flux model, International Journal of Remote Sensing,, Vol. 27, No. 2, pp. 393-416

Yasuda, N., M. Hamaguchi, S. Sasaki S. Nagai, M. Saba and K. Nadaoka (2006): Complete mitochondrial genome sequences for Crown-of-thorns starfish Acanthaster planci and Acanthaster brevispinus, BMC Genomics (オンラインジャーナル), Vol. 7, p. 17

Yasuda, N., S. Nagai, M. Hamaguchi, C.-L. Lian and K. Nadaoka (2006): Development of microsatellite markers for the crown-of-thorns starfish Acanthaster planci, Molecular Ecology Notes, Vol. 6, No. 1, pp. 141-143

灘岡和夫,有坂和真,田村 仁 (2006):スリック形成に着目した造礁サンゴ幼生のリーフ内初期分散過程に関する数値解析,海岸工学論文集,Vol.53,No.2,pp.1011-1015

山本高大,灘岡和夫,西本拓馬,Ariel C. BLANCO,石丸 隆 (2006):気象擾乱に伴うサンゴ礁海域の物理・水質環境特性の動的変動過程について,海岸工学論文集,Vol.53,No.2,pp.1076-1080

灘岡和夫,鈴木庸壱,西本拓馬,田村 仁,宮澤泰正,安田仁奈 (2006):広域生態系ネットワーク解明にむけての琉球列島周辺の海水流動と浮遊幼生輸送解析,海岸工学論文集,Vol.53,No.2,pp.1151-1155

中山哲厳,牧野弘幸,新井雅之,大村智宏,小林 学,田村 仁,灘岡和夫,佐藤勝弘 (2006):港内埋没対策技術と地形変化予測モデルの開発、海岸工学論文集,Vol.53,No.1,pp.526-530

Nagai, S., L. McCauley, N. Yasuda, D.L. Erdner, D.M. Kulis, Y. Matsuyama, S. Itakura and D.M. Anderson (2006): Development of microsatellite markers in the toxic dinoflagellate Alexandrium minutum (Dinophyceae), Molecular Ecology Notes, Vol. 6, No. 3, pp. 756-758

Nadaoka, K. and G. Q. Tabios (2006): Summary report of group 1 on atmospheric circulation of water and air and environmental problems, Proceedings of the Symposium on Infrastructure Development and the Environment, 2006, [CD]

Blanco, A. C. and K. Nadaoka (2006).: A comparitave assessment and estimation of relative soil erosion rates and patterns in Laguna Lake watershed using three models: Towards development of an erosion index system for intergrated watershed-lake management, Proceedings of the Symposium on Infrastructure Development and the Environment, 2006, [CD]

Pokavanich, T. and K. Nadaoka (2006): Three-dimensional hydrodynamics simulation of Manila Bay, Proceedings of the Symposium on Infrastructure Development and the Environment, 2006, [CD]

Paringit, E.C., K. Nadaoka and M.C.D. Rubio (2006): Development of analysis technique for multi-temporal Landsat satellite images to examine changes in coral reef conditions, Proceedings of the Symposium on Infrastructure Development and the Environment, 2006, [CD]

Rubio, M.C.D., K. Nadaoka, T. Pokavanich, H. Iizuka, A.C. Blanco and E.C. Paringit: Complementarity of sensor-based measurements and community perception for monitoring and management of seawater quality, Proc. of the Symposium on Infrastructure Development and the Environment, CD, 2006

灘岡和夫 (2006):沿岸環境モニタリングの必要性―有明会の事例をもとに: その2,沿環連 第15回ジョイントシンポジウム予稿集,pp.12-13,2006年3月

灘岡和夫 (2006):沿環連からの提言案と今後の方向性,沿環連 第15回ジョイントシンポジウム予稿集,pp.19-20,2006年3月

灘岡和夫 (2006):「沿岸環境関連学会連絡協議会の紹介」沿岸環境関連学会連絡協議会―設立の趣旨と意義,日本水産学会誌,Vol.72,No.3,pp.515-517

灘岡和夫 (2006):第15回ジョイントシンポジウム 沿岸環境モニタリング,その必要性,可能性,緊急性―関連学会からの提言にむけて,此ケ茣澳超モニタリングの必要性―有明海の事例をもとに:その2,日本水産学会誌 ,Vol.72,No.6,p.1165,2006年11月

灘岡和夫 (2006):第15回ジョイントシンポジウム 沿岸環境モニタリング,その必要性,可能性,緊急性―関連学会からの提言にむけて,勝ケ茣掴△らの提言案と今後の方向性,日本水産学会誌 ,Vol.72,No.6,p.1167,2006年11月

灘岡和夫 (2006):サンゴ礁生態系保全・再生のための広域沿岸生態系ネットワークの解明,混相流,Vol.20,No.4,pp. 292-298

Yasuda. N., S. Nagai, M. Hamaguchi and K. Nadaoka (2006): Genetic structure of the crown-of-thorns starfish, Acanthaster planci, throughout the Ryukyu Islands and southern part of the Mainlands of Japan, The 82nd Annual Meeting of the Australian Coral Reef Society, pp. 51-52

Yasuda, N., M. Ueno, K. Ogasawara, K. Oki, K. Kajiwara, H. Taniguchi, K. Okaji, K. Nadaoka, S. Harii and S. Kakuma (2006): Estimation of spawning period for the crown-of-thorns starfish, Acanthaster planci, along the Ryukyu Islands, Japan based on gonad observation, The 82nd Annual Meeting of the Australian Coral Reef Society, p. 52

安田仁奈,長井 敏,浜口昌巳, 灘岡和夫 (2006):マイクロサテライトマーカーによる日本国内のオニヒトデ集団解析, 日本プランクトン学会・日本ベントス学会合同大会要旨集, p. 53

安田仁奈,長井 敏,浜口昌巳, 灘岡和夫 (2006):国内外におけるオニヒトデ大量発生集団のマイクロサテライト解析, 日本DNA多型学会第15回学術集会抄録集,p.25

2. Oral and poster presentations

安田仁奈,長井 敏,浜口昌巳, 灘岡和夫 (2006):日本国内のオニヒトデ個体群は遺伝的に混ざっているか?,日本サンゴ礁学会第9回大会講演要旨集,p.40

金城孝一,大城洋平,比嘉榮三郎,灘岡和夫 (2006):沖縄県のサンゴ礁海域における栄養塩特性とアオサの関係について,日本サンゴ礁学会第9回大会講演要旨集,p. 49

熊谷 航,灘岡和夫,松浦慎平 (2006):聞き取り調査の基づくサンゴ礁生態系環境負荷に関わる社会構造の変遷についての考察,日本サンゴ礁学会第9回大会講演要旨集,p. 66

Blanco, A. C., K. Nadaoka and T. Yamamoto (2006): Analysis of nutrients, algal and other related measurements in Shiraho Reef area and Tordoroki River: Implications for monitoring and modeling of watershed-reef connectivity. 日本サンゴ礁学会第9回大会講演要旨集, p. 107

山本高大,灘岡和夫,西本拓馬,Ariel C.BLANCO,石丸 隆,有坂和真,田村 仁 (2006):気象擾乱のもとでの石垣島東海岸サンゴ礁海域の水環境変動特性について,日本サンゴ礁学会第9回大会講演要旨集,p. 108

斉藤 宏,岸野元彰,石丸 隆,灘岡和夫,工藤 栄 (2006):可視,近赤外線によるサンゴの活性モニタリング手法の開発,日本サンゴ礁学会第9回大会講演要旨集,p.111

松浦慎平,灘岡和夫,熊谷 航,塚本栄子 (2006):サンゴ礁生態系への人為影響評価のための社会統計に基づく八重山地域の社会構造変遷解析,日本サンゴ礁学会第9回大会講演要旨集,p. 128

灘岡和夫,竹本直人 (2006):リーフ内筋目模様と数値計算による流動場との対応性の検討,日本サンゴ礁学会第9回大会講演要旨集,p. 134

灘岡和夫,有坂和真,田村 仁 (2006):裾礁型サンゴ礁における造礁サンゴ幼生の分散過程に関する数値シミュレーション,日本サンゴ礁学会第9回大会講演要旨集,p.135

西本拓馬,灘岡和夫,安田仁奈,田村 仁,宮澤泰正 (2006):琉球列島周辺の流動場解析および環境耐性を考慮した浮遊幼生輸送解析,日本サンゴ礁学会第9回大会講演要旨集,p. 136

灘岡和夫,安田仁奈,竹本直人,西本拓馬,田村 仁 (2006):オニヒトデ広域大量発生メカニズム解明にむけての幼生調査・解析および多型分子マーカーの開発と適用,平成17年度内閣府委託調査研究 亜熱帯地域の有害・有毒生物に関する調査研究報告書,(財)亜熱帯総合研究所,pp.30-42,2006年3月

灘岡和夫,安田仁奈,鈴木庸壱,竹本直人,西本拓馬,田村 仁 (2006):オニヒトデ浮遊幼生と大発生メカニズムに関する調査研究―オニヒトデ広域動態解明に向けた海洋物理学的・生物学的手法の開発と応用解析―,平成15〜17年度内閣府委託調査研究 亜熱帯地域の有害・有毒生物に関する調査研究報告書(3年間のまとめ),(財)亜熱帯総合研究所,pp.21-37,2006年3月

高山百合子,上野成三・灘岡和夫 (2006):カキ代謝モデルと生態系モデルを統合した広島湾環境シミュレーションシステムの開発,土木学会第61回年次学術講演会,pp.267-268,2006

所 立樹,茅根 創,渡邉 敦,灘岡和夫,田村 仁,野崎 健・加藤 健,根岸 明 (2006):チャンバー法を利用した沿岸域における大気-水圏間CO2フラックス測定手法の検証,2006年度海洋学会春季大会要旨集,p.303,2006年3月