業績に戻る

2005

1. Journal papers and conference papers

Tamura, H. and K. Nadaoka (2005): Numerical simulation of current and thermal transport in a fringing-type coral reef, Proc. of the third international conference on Asian and Pacific coasts, pp.659-662

Yagi, H., H. Ishida, A. Takahashi, K. Nadaoka, H. Tamura and M. Kotan (2005): Hydraulic resistance of laver aquaculture facilities and its influence on tidal currents and SPM transport in the head of Ariake Bay, The 8th International Conference on Cohesive Sediment Transport, INTERCOH 2005, pp.16-17

Nadaoka, K. (2005): Coastal ecosystems response to climate change and human impact in the Asia-Pacific region (CERCCHI project), Proceedings of the 5th Science Council of Asia(SCA)Conference, pp.411-420

Rubio, M.D., E.C. Paringit, K. Nadaoka and A.C. Blanco (2005): Connectivity and impact assessment of land use/cover and benthic cover change by advance remote sensing analysis, The 9th International Symposium on Physical Measurements and Signatures in Remote Sensing, pp.592-594     

Blanco, A.C., K. Nadaoka, M.D. Rubio, E.C. Paringit, A.E. Bongco and G.Q. Tabios (2005): Long-term collaborative monitoring of hydrodynamics and water quality in West Bay, Laguna Lake and related activities, Extended Abstracts of the Workshop on Progress in Environmental System Studies for Tropical and Subtropical regions, JSPS Core University Program on Environmental Engineering, pp.1-4

Rubio, M.D., K. Nadaoka, A.C. Blanco and H. Iizuka (2005): Socio-economic and physical surveys for integrated environmental management in Puerto Galera: A case of community, government and academe co-involvement, Extended Abstracts of the Workshop on Progress in Environmental System Studies for Tropical and Subtropical regions, JSPS Core University Program on Environmental Engineering, pp.5-7

Iizuka, H., H. Tamura, M.D. Rubio, A.C. Blanco and K. Nadaoka (2005): Hydrodynamic and water quality characteristics in Puerto Galera Bay, Mindoro island, the Philippines, Extended Abstracts of the Workshop on Progress in Environmental System Studies for Tropical and Subtropical regions, JSPS Core University Program on Environmental Engineering, pp.8-11

灘岡和夫(共著) (2005):環境保全・再生のためのモニタリングとシミュレーション,新・数理工学ライブラリ,情報工学 別巻1,情報理工学のすすめ,pp. 189-210      灘岡和夫 (2005):沿岸生態系の保全・再生に向けての統合的調査・研究戦略のあり方―「統合的沿岸生態系保全再生学」の必要性―,月刊海洋,Vol.37,No.2,pp. 87-88

灘岡和夫 (2005):広域統合システムにおけるサンゴ礁生態系―その保全・回復に向けての諸課題―,月刊海洋,Vol.37,No.2,pp.169-175

灘岡和夫,山本高大.Enrico C. PARINGIT (2005):長期観測連続データに基づく農地流域からのサンゴ礁への赤土流出特性の解析,海岸工学論文集, Vol. 52,No.2,pp.1096-1100

田村 仁,灘岡和夫 (2005):石垣島吹通川河口域のサンゴ礁―藻場―干潟―マングローブ連成系における水理及び温熱輸送特性,海岸工学論文集, Vol. 52,No.2,pp.1016-1020

田村 仁,灘岡和夫,鈴木庸壱,宮澤泰正,三井 順 (2005):沖縄・石西礁湖自然再生計画立案のための熱・物質輸送数値シミュレーション,海岸工学論文集, Vol. 52,No.2,pp.1161-1165

Maria Cecilia D. RUBIO,Enrico C. PARINGIT,灘岡和夫,Ariel C. BLANCO (2005):衛星データに基づく八重山諸島における土地利用・植生被覆の長期的変遷と周辺サンゴ礁域の海底被覆状態変化の関係解析,海岸工学論文集, Vol. 52,No.2,pp.1111-1115

飯塚広泰,田村 仁,Maria Cecilia D. RUBIO,灘岡和夫,Miguel D. FORTES,Rochelle L. BALITAAN,Randell E. VILLANUEVA (2005):フィリピン・ミンドロ島プエルトガレラにおける海水流動と水質環境特性について,海岸工学論文集, Vol. 52,No.2,pp.1156-1160

中山哲厳,新井雅之,大村智宏,小林 学,田村 仁,灘岡和夫,半沢 稔 (2005):海水導入工による港内埋没対策に関する実験的研究,海岸工学論文集, Vol. 52,No.1,pp.481-485

八木 宏,井瀬 肇,石田大暁,灘岡和夫,中山哲嚴,小谷正幸 (2005):冬季有明海湾奥部浅海域における底層懸濁態物質の空間構造と輸送特性,海岸工学論文集, Vol. 52,No.1,pp.941-945

2. Oral and poster presentations

Tokoro.,T., A. Watanabe, H. Kayanne, K. Nadaoka, H. Tamura, K. Nozaki, K. Kato and A. Negishi (2005): Effects of bottom shear stress and biological activity on CO2 flux between air and coastal water , 37th International Liège Colloquium on Ocean Dynamics (Poster)

灘岡和夫,鈴木庸壱 (2005):多重ネスティングモデルによる沖縄本島西方海域における海水流動・幼生輸送の数値解析,平成16年度内閣府委託調査研究 亜熱帯地域の有害・有毒生物に関する調査研究報告書,(財)亜熱帯総合研究所,pp.36-42,2005年3月

灘岡和夫,安田仁奈 (2005):生殖腺観察による琉球列島5海域におけるオニヒトデ産卵期の推定ならびに幼生種判別システムの開発,平成16年度内閣府委託調査研究 亜熱帯地域の有害・有毒生物に関する調査研究報告書,(財)亜熱帯総合研究所,pp.43-50,2005年3月

田村 仁,灘岡和夫 (2005):沖縄・石西礁湖における熱・物質輸送数値シミュレーション,2005年度日本海洋学会秋季大会講演要旨集,p.143

灘岡和夫,鈴木庸壱,宮澤泰正 (2005):多重ネスティングモデルによる琉球列島周辺の海水流動と浮遊幼生輸送に関する数値解析,2005年度日本海洋学会秋季大会講演要旨集,p.144

灘岡和夫,鈴木庸壱,宮澤泰正 (2005):琉球列島海域におけるreef connectivity 解明のための浮遊幼生広域分散に関する数値シミュレーション,2005年日本プランクトン・日本ベントス学会合同大会講演要旨集,p.37

安田仁奈,長井 敏,浜口昌巳,練 春蘭,灘岡和夫 (2005):オニヒトデAcanthaster planci の多型分子マーカーの開発とその特徴,2005年日本プランクトン・日本ベントス学会合同大会講演要旨集,p.43

安田仁奈,長井 敏,浜口昌巳,練 春蘭,灘岡和夫 (2005):オニヒトデ集団遺伝子解析に向けての多型分子マーカーの開発とその特徴,日本サンゴ礁学会第8回大会講演要旨集,p.5   田村 仁,灘岡和夫,鈴木庸壱,宮崎泰正 (2005):石西礁湖自然再生計画のための海水流動および熱・物質輸送数値シミュレーション,日本サンゴ礁学会第8回大会講演要旨集,p.12

山本高大,灘岡和夫,Enrico C. PARINGIT (2005):石垣島轟川流域における赤土流出特性に関する長期連続観測解析,日本サンゴ礁学会第8回大会講演要旨集,p.108   齊藤智慧,茅根 創,岩出卓也,渡邊 敦,所 立樹,灘岡和夫 (2005):石垣島白保と宮良における群集代謝の比較,日本サンゴ礁学会第8回大会講演要旨集,p.109

斉藤 宏,岸野元彰,石丸 隆,灘岡和夫 (2005):可視,近赤外線によるサンゴの活性モニタリング手法の開発,日本サンゴ礁学会第8回大会講演要旨集,p.95