写真集 2019

2/12-2/25 フィリピン調査

JST-JICA SATREPSプログラムによるBlueCARESプロジェクトに関連し、2月11日―25日の期間、相手国側代表機関のフィリピン大学や地元協力機関のアクラン州立大学のグループと、フィリピン・アクラン州のマングローブ域において合同現地調査を実施しました。東工大グループでは、主にマングローブ域における海水流動や水質用測器の設置や、呼吸速度の測定を行いました。アクランのマングローブでは、昨年12月の台風29号による影響でマングローブの木がたくさん倒れているのが印象的でした。日本からは東工大の他、JIRCASから諏訪先生、森林総研から小野先生、東大AORIからRayさんが参加しました。

参加メンバー
【灘岡研】吉開 【東大AORI】Rayさん 【JIRCAS】諏訪先生 【森林総研】小野先生

マングローブの呼吸速度測定の様子
tes3.jpg

台風によって倒れたマングローブ
tes4.jpg