1997

業績に戻る

Kazuo NADAOKA, Serdar BEJI and Yasuyuki NAKAGAWA: A fully dispersive weakly nonlinear model for water waves; Proc. Royal Society of London, Series A, 453, 303〜318 (1997)

Serdar BEJI and Kazuo NADAOKA: A time-dependent nonlinear mild-slope equation for water waves; Proc. Royal Society of London, Series A, 453, 319〜332 (1997)

Kazuo NADAOKA, Osafumi ONO and Hiroshi KURIHARA: Analysis of near-crest pressure gradient of irregular water waves as a dynamic criterion of breaking; Proc. 7th Int. Offshore and Polar Eng. Conf., ISOPE, 3,170〜174 (1997)

Serdar BEJI and Kazuo NADAOKA: Spectral modeling of unidirectional nonlinear wave propagation over arbitrary depths; Proc. 7th Int. Offshore and Polar Eng. Conf., ISOPE, 3,385〜389 (1997)

Yasuo NIHEI and Kazuo NADAOKA: Large-Eddy Simulation of a Bubble Plume with GAL-LES Model; Proc. Int. Conf. on Fluid Eng., 2, 1151〜1154 (1997)

Kazuo NADAOKA, Osafumi ONO, Hiroshi KURIHARA: Near-crest pressure gradient of irregular water waves approaching to break; Coastal Dynamics ’97, ASCE, 255〜264 (1997)

Serdar BEJI, Kazuo NADAOKA: Spectral modelling of nonlinear wave shoaling and breaking over arbitrary depths; Coastal Dynamics ’97, ASCE, 285〜294 (1997)

Hiroshi YAGI, Kazuo NADAOKA: Horizontal large-eddy computation of longshore currents; Coastal Dynamics ’97, ASCE, 456〜465 (1997)

Yasuo NIHEI, Kazuo NADAOKA and Hiroshi YAGI: Large-eddy computation of horizontal fluidized Bed by a new multiphase LES, Coastal Dynamics’97, ASCE, 1053〜1061 (1997)

灘岡和夫,八木 宏,二瓶泰雄,野本康介,小山裕文:ピストン駆動式振動流装置における高精度出力流速波形制御法の開発;土木学会論文集, [558/-38]153〜157 (1997)

二瓶泰雄,灘岡和夫:移流シミュレーションに対するGALモデルの高精度化とその適用性;土木学会論文集, [579/-41]137〜149 (1997)

灘岡和夫,二瓶泰雄,栗原 礼,八木 宏,日向博文:時間変動風応力のもとでの閉鎖性水域内のマルチセル構造の形成;ながれ, 16,[6]404〜414 (1997)

二瓶泰雄,灘岡和夫:新しい分散相モデルの移流問題に関する適用性;水工学論文集, 41, 1133〜1136 (1997)

平山克也,平石哲也,灘岡和夫,清川哲志:新しい非線形波浪モデルに対するエネルギー減衰評価方法の検討;海岸工学論文集, 44, [1]51〜55 (1997)

灘岡和夫・大野修史:水深積分型乱流エネルギー輸送方程式を連結させた砕波帯内波動場モデルの提案;海岸工学論文集, 44, [1]106〜110 (1997)

土田 充,灘岡和夫,西村剛士,佐藤恒夫,山口孝市,平石哲也:多点観測による港内外の波浪特性と港内係留船舶の長周期動揺特性について;海岸工学論文集, 44, [1]231〜235 (1997)

灘岡和夫,二瓶泰雄,吉野忠和:東京湾における風系の時空間変動特性の実態と湾内海水流動への影響について;海岸工学論文集, 44, [1]396〜400 (1997)

灘岡和夫,内山雄介:吹送流による沿岸境界近傍の縦渦構造の形成と物質混合過程に関する検討;海岸工学論文集, 44, [1]421〜425 (1997)

織田幸伸,東江隆夫,灘岡和夫:運動量を考慮した越波伝達波の算定法;海岸工学論文集, 44, [2]751〜755 (1997)

内山雄介,灘岡和夫,瀬崎智之,八木 宏:成層期の東京湾奥における砂浜海岸周辺の熱構造について;海岸工学論文集, 44, [2]1071〜1075 (1997)

宮崎早苗,灘岡和夫:光学理論に基づく海域内物質濃度の鉛直構造推定;海岸工学論文集, 44, [2]1271〜1275 (1997)

灘岡和夫,二瓶泰雄,横山智子,大見謝辰男,下池和幸:海底分光反射特性解析に基づくサンゴ礁海域衛星モニタリングの一般化の試み;海岸工学論文集, 44, [2]1291〜1295 (1997)

二瓶泰雄,灘岡和夫,八木 宏,日向博文,栗原 礼:周期変動風応力によって形成される閉鎖性水域内多重セル構造とその周期依存性;土木学会年次学術講演会講演概要集第2部, 52, 180〜181(1997)

内山雄介,灘岡和夫:沿岸境界近傍における吹送流中での縦渦構造の形成について;土木学会年次学術講演会講演概要集第2部, 52, 186〜187(1997)

吉野忠和,灘岡和夫,二瓶泰雄:東京湾における風系の時空間変動特性に関する実態解析とその変動性の湾内流動への影響;土木学会年次学術講演会講演概要集第2部, 52, 208〜209(1997)

中山直樹,宮崎早苗,灘岡和夫:放射伝達理論に基づいた衛星画像からの海面温度の逆推定;日本海洋学会春季大会講演要旨集, 185 (1997)

灘岡和夫,二瓶泰雄,吉野忠和:東京湾における風系の時空間変動特性と湾内海水流動への影響;日本海洋学会秋季大会講演要旨集, 220 (1997)

宮崎早苗,灘岡和夫:光学理論に基づいた衛星画像からの水中物質濃度鉛直構造推定;日本海洋学会秋季大会講演要旨集, 125 (1997)

灘岡和夫,二瓶泰雄,吉野忠和:東京湾における風系の時空間変動特性が湾内海水流動に及ぼす影響について;環境流体シンポジウム講演論文集, 2, 503〜504 (1997)

灘岡和夫,二瓶泰雄,栗原 礼,八木 宏,日向博文:時間変動風応力のもとでの閉鎖性水域内のマルチセル形成過程に関する数値的検討;環境流体シンポジウム講演論文集, 2, 505〜506 (1997)

灘岡和夫,内山雄介:沿岸境界近傍における吹送流中のストリークの形成;環境流体シンポジウム講演論文集, 2, 507〜508 (1997)

緒方健太郎,八木 宏,日向博文,灘岡和夫:風によって引き起こされる非成層期の沿岸境界層の数値シミュレーション;環境流体シンポジウム講演論文集, 2, 509〜510 (1997)

二瓶泰雄,灘岡和夫:移流問題に対するGALモデルの計算精度;生研NSTシンポジウム講演論文集, 12, 33〜38 (1997)

二瓶泰雄,灘岡和夫,中村則保:固液二相噴流の乱流特性について;混相流シンポジウム, 16,285〜286 (1997)

八木 宏,坂本太郎,灘岡和夫:開放性沿岸域における成層期の水温構造と流動特性に関する現地観測;海岸工学論文集, 44, [1]416〜420 (1997)

八木 宏,緒方健太郎,日向博文,灘岡和夫:風が引き起こす非成層期の沿岸境界層の基本特性;海岸工学論文集, 44, [1]456〜460 (1997)

八木 宏,内山雄介,鯉渕幸生,日向博文,宮崎早苗,灘岡和夫:東京湾奥部における成層形成期の水環境特性に関する現地観測;海岸工学論文集, 44, [2]1076〜1080 (1997)

八木 宏,小林康夫,灘岡和夫:流れの鉛直スケールが水平せん断乱流構造に与える影響について;東工大土木工学科研究報告, [55]13〜22 (1997)