1993

業績に戻る

Kazuo NADAOKA and Hiroshi YAGI: A Turbulent-flow Modeling to Simulate Horizontal Large Eddies in Shallow Water;Advances in Hydro-Science & Eng., 1,[B]1116〜1123, 1993

Kazuo NADAOKA and Yasuyuki NAKAGAWA:Fully Nonlinear-dispersive Wave Equations Derived by a Galerkin Formulation; Abstracts of MEET'N'93, First Joint ASCE/ASME/SES Meeting, 724 , 1993

Kazuo NADAOKA, Katsuhiro TAMASHIMA, Hiroshi SATO and Hideyo SUZUKI:A 3-D Radar Analysis of Thunderstorm-like Rainfall in the Tokyo MetropolitanArea;Proc. 25th IAHR Congress, 713〜720 , 1993

灘岡和夫,中川康之:不規則波動シミュレーションのための強分散性波動方程式の導出とその基本特性の検討;土木学会論文集,[467/-23]83〜92 , 1993

灘岡和夫,八木 宏:浅い水域の乱流場に関する数値計算モデルの開発と沿岸流場への適用;土木学会論文集,[473--24] 25〜34 , 1993

灘岡和夫,八木 宏:SDS & 2DHモデルを用いた開水路水平せん断乱流の数値シミュレーション;土木学会論文集,[473/-24]35〜44 (1993)

東江隆夫,灘岡和夫,勝井秀博,伊藤一教:2次元進行波における砂漣上の流れ;海岸工学論文集, 40,[1]1〜5 (1993)

灘岡和夫,中川康之:新しい非線形・分散性波動方程式による非線形波動場解析の試み;海岸工学論文集,40,[1]6〜10 (1993)

大山 巧,田中正博,灘岡和夫:円形造波ソースを用いた多方向不規則波の無反射造波法について;海岸工学論文集, 40,[1]36〜40 (1993)

灘岡和夫,鈴木 徹,八木 宏,神尾成也:現地用レーザ流速計を用いた砕波帯内の乱れおよび浮遊砂に関する現地観測;海岸工学論文集, 40,[1]71〜75 (1993) 

灘岡和夫,八木 宏,塚原隆夫:風系の時空間的非一様性が閉鎖性水域内流動に及ぼす影響について;海岸工学論文集, 40,[1]231〜235 (1993)

上野成三,灘岡和夫,勝井秀博,大谷英夫:密度成層期の東京湾で発生する密度・流動・水質場の急変現象と内部波に関する現地観測;海岸工学論文集, 40,[1]246〜250 (1993)

灘岡和夫,八木 宏,中野 充:ラディエーション応力が時空間的に変動する沿岸流場のせん断不安定現象について;海岸工学論文集, 40,[1]256〜260 (1993)

松本 朗,松岡道男,中山哲厳,山本 潤,灘岡和夫,八木 宏:中小港湾埋没機構解明に向けての長期連続現地観測の試み;海岸工学論文集, 40,[1]491〜495 (1993)

灘岡和夫,田村英寿:沖縄赤土流出問題に関する汎用衛星モニタリングシステム構築の試み;海岸工学論文集, 40,[2]1106〜1110 (1993)

灘岡和夫,星野文夫,田端竹千穂,児玉勝美,小野信良:CGを用いた人工海浜景観設計の試み −「自然に学ぶ」デザインコンセプトの提案−;海岸工学論文集, 40,[2]1146〜1150 (1993)

灘岡和夫,星野文夫,田端竹千穂,児玉勝美,小野信良:新たなデザインコンセプトに基づく人工海浜CG景観設計の試み;土木計画学研究・講演集,[16(1)]357〜363 (1993)

八木 宏,灘岡和夫:河川の浅い水平せん断流における大規模渦生成の数値シミュレーション;第25回乱流シンポジウム講演論文集, 67〜70 (1993)

灘岡和夫,八木 宏,二瓶泰雄:高濃度固液混相流におけるオイラー・ラグランジュ混合型乱流モデルの開発−混相乱流のLESモデル化に向けて;第25回乱流シンポジウム講演論文集, 140〜143 (1993)

八木 宏,灘岡和夫:開水路水平せん断流における大規模渦運動の数値シミュレーション;土木学会第48回年次学術講演会講演概要集, 676〜677 (1993)

灘岡和夫,前島大吾,森 暢典,鈴木英世,佐藤 博:落雷位置標定システムと3次元レーダに基づいた首都圏の雷雨性集中豪雨解析;水文水資源学会1993年研究発表会要旨集, 48〜49 (1993)

買手正浩,灘岡和夫,浜田幸雄,上野成三,大山能永:海岸空間の快適性に関する研究−波の音に対する印象評価−;日本建築学会学術講演論文集梗概集 D 環境工学, 897〜898 (1993)

八木 宏,灘岡和夫:植生によって引き起こされる浅水流の水平混合現象に関する数値シミュレーション;東工大 土木工学科研究報告,[47]8〜20 (1993)

灘岡和夫:「自然に学ぶ」デザインコンセプトに基づく人工海浜CG景観設計の試み;Coastal Development, [18]20〜27 (1993)

灘岡和夫:波の音;沿岸域,6,[1]114〜115 (1993)