共同研究

CREO (Coral Reef Environments in Okinawa)

CREO (Coral Reef Environments in Okinawa)は,沖縄のサンゴ礁環境を様 々な専門分野の研究者が多面的・総合的に調査・研究していくことを目的として, 1999年4月に発足した共同研究プロジェクトです。

このプロジェクトには、沿岸環境学、海岸工学、水産学、サンゴ生態学、沿岸海洋学、 リモートセンシングなど,様々な分野の研究者が加わっており、きわめて総合的であり,研究上のアプローチと しても総合的な側面を持っています。現在、20名ほどの研究者が参加しています。

IMSWES Project (Integrated Manila Bay-Laguna Lake and Surrounding Watersheds Environmental Study)

現在、フィリピンの近代化に伴う環境汚染は深刻で、マニラ湾とそれにリンクするラグナ湖は、 メトロマニラや周辺の工業・農業地帯からだけでなく、マニラ湾北部のピナツボ火山からも環境負荷を受けています。こ のようにマニラ周辺における環境問題は、物理、生化学的にも複雑な過程を経ており、研究分野をまたがったアプローチ が必要です。そのため、都市環境、気象学、水文学、水資源学など様々な分野の研究者が参加し、共同で調査を行っています。

対外連携活動

沿岸環境関連学会連絡協議会

この協議会は、日本海洋学会海洋環境問題委員会・日本水産学会水産環境保全委員会・ 本水産工学会物質循環研究会・土木学会海岸工学委員会のメンバーによって、「沿岸環境」に関して学会間連携の具 体化を推進していくための、意見・情報交換、連絡調整の場として、2000年に発足しました。