灘岡研究室では、ここでどのように海水流動が起こるのか、それがどのような要因によって決定しているのかを、現地観測や数値シミュレーションにより解明しようとしています。

また、パラオでも琉球列島同様にオニヒトデ(cots)が大量発生してきています。これらの幼生がどのように運ばれて広がっているのか、現地観測による幼生採集をおこない、海水流動パターンとあわせて明らかにしようとしています。

map_palau[1].jpg

研究一覧へ戻る